山さんのおつかい暮らし 元アナウンサーでボディーワーカー山村美樹の徒然日記

B4女あらわる。



なぜ?

なぜ?

なんでそこだけ~??

そして、なんでこんな日に~!!!

最近、あまりの物忘れに検査を受けようかと思った事もあったけど、今回は本当に困った。

昨夜は3月にお世話になる皆みな様に招待頂き、予約がなかなか取れないお店でのお食事会でした。

ドキドキ、ワクワクしながらお店に向かいました。

お店に入る前に、身だしなみチェック!

と、車のミラーを開いたのです。

・・・・

・・・・?

・・・・・・・・・・・・・・?????????

あれっ?

何かがおかしい。

何かが足りない。

眉がなーーーーーーーーーーーーい!!

アイシャドーもしてある。マスカラも塗ってある。チークもしてある。
口紅も塗ってある。イヤリングもしている。

なのに、

なのに、

なのに、

だけがなーーーーーーーーーーい!!

楽しいドキドキが、ドッキドキに変わり、

メイク道具を探す。

メイク道具がない!

もう、恐ろしいぐらいに心臓が動いている。

どうしよ。

今日は素敵な方々が集まるお食事会。

そして「はじめまして」である。

眉以外は、かっちりメイクしているのに、眉だけメイクしていないってどんなオンナなんだ!?

変な人に違いない!

って思うだろう。口には出さないが、私だったら間違いなく不信感をもつ。

あ、あ、あ~

神さま。助けて下さい。

そして思い出した。

昔、KNB時代、先輩がエンピツで眉を書いていた事を。

あの頃は「先輩、そんな代用やめて~!!」と言っていたけど、、、

私は必死に、子供が落としているかもしれない鉛筆を必死に探した。

神さまは私を見捨てなかった。

子供が昔使っていた「4B」の鉛筆が出てきた。

必死に車内で4Bえんぴつで眉を描き、時間ぎりぎりに会場に。

お酒も飲んでないのに、顔は真っ赤だ。

眉がない変な39歳から、ちょっとメイクが下手が39歳レベルにはなっているはずだ。

いつもよりもオシャレし、メイクもいつもよりもきちっとし、家を出る前にちゃんとチェックをしたのに、気づかなかった私はもはや病気(笑)

制服、制帽をかぶり、ランドセルを忘れるという、ありえない事をする子供と同じだ。。。。

私は4Bえんぴつの女(笑)

それにしても、あの時、えんぴつもなかったら、、、どうしていただろう?

女性を見つけ、初対面だけどアイブロウを持っているかを聞いて借りる。
           
それもダメなら、お店の方からえんぴつを借りて描く。

そして思った。

人生、なんとかなるものだ。






私たちもうアラフォーなんですね。。。

大学を卒業して2週間で始まった「KNBわいどプラス1」番組名を聞いても「はて?」の人の方が多くなりました(汗)はい、時は流れています。

あの頃、私は22歳、メインキャスターの渡辺さんは27歳でした。

渡辺さんが会社を辞めて丸8年。私は4年半経ちました。

一緒に番組をやっていた5年間。

色んな思い出があります。

そして、今日久々に渡辺さんに会いました!

お互い、会うつもりはなかったのに、引き寄せで(笑)

行ったことがないという環水公園のスタバでコーヒーを飲みながら、、、

「あの頃の、若かった2人も今や、アラフォーなんだな~」としみじみ。

40と35のおじちゃん、おばちゃんやん!!

それにして、久しぶりなのに、久しぶりって感じしなかったな~。

一緒に仕事をしていた頃は、お酒の力を借りて?よく飲み屋でアナウンサーとは?とか仕事に対しての向き合い方とか、お互いに頑固だから意見を譲らず、まるで喧嘩をしているかのようだった私たち。

よく店のマスターに「あんた達2人は仲がいいのか悪いいのか分からない」って言われてたな~。

今でもたまに、渡辺さんと山村さんってあの頃どうだったんですか?って聞かれたりするけど、

聞かれると必ず「好きな先輩ですけど、嫌いな先輩ですって」応えている私(笑)

相性はよくないけど、縁のある人なんだと思っています(笑)

だから、会うつもりもなかったのになぜか会ったしね。

1時間半ぐらいしか話す時間なかったけど、帰り際に「あの頃、一緒に同じ目標に向かって、泣いたり、笑ったり、悔しい思いをしたり喜んだり、それを毎日5年間続けてきたから、今もこんな風に会って話が出来て共感できるんだよ。あの時、むしゃらに頑張ってたから今の2人がある」って。


本当にそうだな~って思う。

今、思えばあの5年間は人生の中で一番苦しかったし、楽しかったし、悔しかったし、嬉しかった。
人生の中で一番泣いて笑って、ご飯もお酒もすすんだ5年間だった(笑)

それがあったから今の自分ある。

だから、仕事を辞めた今でもあの時、一緒に仕事をした先輩や仲間とは色々な事を話せる、そして聞いてもらえる大切で大事な人達。

なんでもそうだけど、結果がどうであれ体当たりで、そして精一杯頑張った事って人生の財産。

その時、まっ最中の頃は気づかないけど、涙を流して向き合ったことは人生の勲章。

今、自分に出来ることを精一杯やってみよう!って改めて思えた素敵な時間でした。













引き寄せ。タイミングetc・・・

流れってあるんですね~。

タイミングってあるんですね~。

引き寄せってあるんですね~。

ウフフ。

今年の師走はサロンを始めたばかりの師走よりも忙しい!

お客さんがいっぱいで・・・・って話ではなく(残念)(泣き)

なぜか忙しい。やることがいっぱい!

まあ、忙しくしているのは私自身なんだけどね(笑)

お客さんがいる日の方が忙しくないってどういうことだい?

居ない日は、朝起きたらまずその日の計画を立てて色々やるからね~私。

そう、ボーッとすることがあんまりない。

アナ時代よりはボーっと出来るようになったけど、、、、

ボーっとすることが大好きな旦那からは、ボーっと出来ない、しない私が不思議でならない。

「おかしな子」らしい。


今日、お会いした方が、今日新聞に挟まれていた県民共済のはたらくおかあさんのチラシを横目に「山村さん、おつかい暮らしの『つ』を忘れちゃだめですよ。ニヤッ」って。

アハハ。そこを突かれちゃ~何も言えないでっせ~(笑)

ボディーワークJalan-Jalan 山村美樹

音楽と子共

動物たちが活躍する本格的なクラシックコンサート「音楽の絵本」を息子と二人で鑑賞してきました。

息子は初めてのコンサート。私もクラシックコンサートと言われるものにはほとんど行ったことがない~!

動物が演奏するなら、クラシック音楽を抵抗なく子供も楽しめそう~♪となんとなくチケットを買ったのだけど。

良かった~!

「音楽の絵本」っていうだけあって、子供が絵本の世界に入り込むように、音楽の世界に自然に入り込めるような演出をしてあって、子供音楽ではない、本格的なクラシックやジャズなのに・・・・

4歳にならない息子も笑いながら、まさに音を楽しんでいた。

曲目を見たとき、これじゃ~小さい子は飽きるな~・・・

演奏する動物たちは喋らないし・・・

って思っていたけど、全然。

構成がしっかりしていて、子供がちょっと飽きてきてるかな??というタイミングで笑える演出があって、1時間半のコンサート最後まで大人も子供も楽しめました。

隣にいた2歳か3歳の男の子がお母さんに「動物たちは喋らないの?」って。

お母さんは「喋らないけど、色んな音で会話してるよ~」って。

そしたらその子「なんか楽しいお話してるね~。誰も怒ってないね~」って。

大人しか知らない曲がほとんだだったけど「これお空の曲かな?」とか「太陽の話してるのかな?」とか

色んな事を想像して聞いているようで、子供の素直さと表現力と、そして小さい時期に美しいものを見たり、聞いたりすることって大切な事なんだな~って思った。オカンの私です。






なんだか。。。

暑さと共に何だかやりたいことが色々出てきている山村美樹。

欲張りで、あれもこれも~となってしまう。

色々手をだすが、深くは追求できないタイプ。

だから「これが得意です」と言えるものがない。。。。。

小さい頃から変わってません。

親もあきれるほど。誰に似たんだろうか???

旦那も「よくもまあ、あれやこれや出来るね~いったい何をしたいの??」とあきれております。

きっと歳を重ねても変わらないんだろうな~。


さてさて、サロンのお盆休みです。
13日(土)~16日(火)までお休み頂きます。よろしくお願いします!