山さんのおつかい暮らし 元アナウンサーでボディーワーカー山村美樹の徒然日記

こんな偶然ってあり??

こんな事なかなかないよ~。。。。

朝からビックリ事件発生ですぅ。

息子が昨日の夜から耳と頭が痛いと訴え、中耳炎を疑い保育園前に耳鼻科へ。

まだ開院前で、保険証と診察券を箱にいれ、名前を書いて待っていた私と息子。

しばらくして呼ばれ、息子の診察。

予想通り「中耳炎」。吸入を終えると、看護婦さんが先生がくるまでしばらくお待ちください。と言う。

中耳炎の事で、話でもあるのか?と待っていると、

先生「お母さん、座ってください」

私「なに?酷い中耳炎??息子には聞かせられない内容だからわざわざ私を座らせて?」と内心ドキドキしてた。

先生「え~お母さんは鼻どうですか?」

私「え?鼻ですか?別に何もないですけど~(えっ、私の鼻と息子の中耳炎、何か関係あり??)」

先生「まあ、受診されたの随分前だからもうスッキリですよね?」

私「あ~はい・・・(確かに随分前に声が出なくなって通っていましたけど・・・」

先生「なら、鼻と耳みますんで・・・」

私「えっ???私の診察??私、何も悪くないですけど~」

先生「えっ?診察券だしたでしょ?」

私「息子のは出しましたけど、私は出してませんけど?あれ?もしかして間違えて私の診察券出しました?」

・・・・先生も私も看護婦さんも????

変な空気が流れる診察室。

そして、ちらっとパソコンに映し出されているカルテの名前が見えた。

私「あ~名字が一緒!!!でも私じゃないです~」

看護師さん「あら~ごめんなさい~。なら戻ってもらっていいよ」


私が待合室に戻ると

「私の順番はいつくるが?後から来た人呼ばれるのに、私いつになっても呼ばれん!」とかなり怒っているおばちゃんがいた。

おばちゃん「私の前の人も○○さん、その前の人も○○さん、私も○○なが!!!前の○○さんは呼ばれたがに私は呼ばれん」と。

仕事は山村美樹でやっているけど、本名は山村よりもよくある平凡な名字になった私。

そうです。

同じ名字の患者さんが8人中3人もいた!!!!

私の息子の診察券の後に、もう一人の同じ名字の方の診察券があって、しかも女性だったから受付の人が、お母さんも一緒に受診と勘違いしたようだ。

よくある名字だけど・・・こんな偶然ってある??

受付の人はおろおろするし、診察室はバタバタするし、、、

朝から、なかなか遭遇しない偶然にビックリ。

最近、本当に不思議な事が起こります。。。。





コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック