山さんのおつかい暮らし 元アナウンサーでボディーワーカー山村美樹の徒然日記

私たちもうアラフォーなんですね。。。

大学を卒業して2週間で始まった「KNBわいどプラス1」番組名を聞いても「はて?」の人の方が多くなりました(汗)はい、時は流れています。

あの頃、私は22歳、メインキャスターの渡辺さんは27歳でした。

渡辺さんが会社を辞めて丸8年。私は4年半経ちました。

一緒に番組をやっていた5年間。

色んな思い出があります。

そして、今日久々に渡辺さんに会いました!

お互い、会うつもりはなかったのに、引き寄せで(笑)

行ったことがないという環水公園のスタバでコーヒーを飲みながら、、、

「あの頃の、若かった2人も今や、アラフォーなんだな~」としみじみ。

40と35のおじちゃん、おばちゃんやん!!

それにして、久しぶりなのに、久しぶりって感じしなかったな~。

一緒に仕事をしていた頃は、お酒の力を借りて?よく飲み屋でアナウンサーとは?とか仕事に対しての向き合い方とか、お互いに頑固だから意見を譲らず、まるで喧嘩をしているかのようだった私たち。

よく店のマスターに「あんた達2人は仲がいいのか悪いいのか分からない」って言われてたな~。

今でもたまに、渡辺さんと山村さんってあの頃どうだったんですか?って聞かれたりするけど、

聞かれると必ず「好きな先輩ですけど、嫌いな先輩ですって」応えている私(笑)

相性はよくないけど、縁のある人なんだと思っています(笑)

だから、会うつもりもなかったのになぜか会ったしね。

1時間半ぐらいしか話す時間なかったけど、帰り際に「あの頃、一緒に同じ目標に向かって、泣いたり、笑ったり、悔しい思いをしたり喜んだり、それを毎日5年間続けてきたから、今もこんな風に会って話が出来て共感できるんだよ。あの時、むしゃらに頑張ってたから今の2人がある」って。


本当にそうだな~って思う。

今、思えばあの5年間は人生の中で一番苦しかったし、楽しかったし、悔しかったし、嬉しかった。
人生の中で一番泣いて笑って、ご飯もお酒もすすんだ5年間だった(笑)

それがあったから今の自分ある。

だから、仕事を辞めた今でもあの時、一緒に仕事をした先輩や仲間とは色々な事を話せる、そして聞いてもらえる大切で大事な人達。

なんでもそうだけど、結果がどうであれ体当たりで、そして精一杯頑張った事って人生の財産。

その時、まっ最中の頃は気づかないけど、涙を流して向き合ったことは人生の勲章。

今、自分に出来ることを精一杯やってみよう!って改めて思えた素敵な時間でした。













トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【私たちもうアラフォーなんですね。。。】

大学を卒業して2週間で始まった「KNBわいどプラス1」番組名を聞いても「はて?」の人の方が多くなりました(汗)はい、時は流れています。あの頃、私は22歳、メイン
[続きを読む]

まとめwoネタ速neo | 2012-05-12 (Sat) 09:17