山さんのおつかい暮らし 元アナウンサーでボディーワーカー山村美樹の徒然日記

肌荒れ解消

肌荒れが酷い。

吹き出物が治らない。

どうにかして~というお客さん。

若いときは、そのうち治る!ってそんなに気にもしていなかったけど、アラフォー世代は・・・

このまま治らず、残るのではないか?

無理やり化粧で隠してて、そのせいかその部分だけカサカサ(涙)

若いころのように、肌はいう事を聞いてくれません。

分ります。

私も数年前、何をしても鼻の横の吹き出物が消えず、目の下の三角地帯がカサカサになって痒みがおさまらず。

たまらずエステに行って色々化粧品をそろえてケアしたけど、なかなか治らずって事がありました。

私なりに色々試してたどり着いたのが、生活も、ケアもシンプルにしてみた!でした。

それまでは、何種類も美容液やらクリームやら塗っていたけど、クレンジング→化粧水→美容液→クリームのシンプルなものに。

ここ数か月は、クレンジング→プラセンタ原液→化粧水→クリームって感じです。
若いころより、お手入れも、化粧も、シンプルにそして薄くなりました。


さてさて、吹き出物の種類には「毛穴の中に皮脂が溜まる白ニキビと黒ニキビ」
「毛穴とその周りに炎症が起こる赤ニキビ」
「炎症が強くなり毛穴の中に膿を持つ黄色ニキビ」があります。
どれも「毛穴のつまり」が原因で皮脂がスムーズに出なくなるから。
→正しい洗顔で肌を清潔に保つことが大事です。

かといって、アラフォー世代は皮脂を取りすぎるオイルクレンジングはダメ~。
ジェルかミルククレンジングで。

お客さんで多いのは、あごに出来る吹き出物。
もともと口のまわりやあごは多く汗をかく場所ではないので、普段の洗顔をきちんとしていれば毛穴はつまらない部位のはずなんです。それにも関らず吹き出物ができてしまうのは「ストレス」が関係していると言われています。

強いストレスを感じると体内のホルモンバランスが崩れ、アンドロゲンというホルモンが分泌。
皮脂の分泌量が多くなります。
普段以上に皮脂が出ると、毛穴が小さいあご周辺では毛穴が詰まって吹き出物がでやすくなってしまうのですよ~。
若い頃のニキビは、乾燥させて膿をとり治すことができました。
大人になってからの吹き出物に同じように薬を使うと、皮膚の水分を奪ってしまい逆に肌荒れの原因となります。
吹き出物は、保湿しながら基礎化粧品で対策するのがいいと思っています。
時間はかかりますが、、、あまりにもひどい時は皮膚科に(笑)

ニキビにはビタミンC配合の美容液を。私の歳でも軽い吹き出物なら3日ほどで小さくなって治ります。
なんでも、軽いうちにですね。

後は、必ず湯船につかっています。子供がいてゆっくりできないですが、必ず浸かっています。
これまではヒマラヤ岩塩を入れていましたが、最近は海洋深層水を混ぜています。
身体もあったるしね^^
たまにゆっくり出来るときはバラから抽出したオイルを。

バラの香りにはストレスによる心と身体の緊張をやわらげる効果があるので、ストレス緩和。
皮膚のバリア機能の低下を防ぐので健やかな状態のお肌を保つ効果があると言われています。

3食キチンと食べて、お風呂に浸かって1日の疲れとストレスを取り、自分の肌の力を信じてシンプルケアで♪

これから春に向けて、身体の毒素が外に出てきて、肌荒れで悩む方が多くなると思います。
酷くなる前に、簡単に出来ることを毎日コツコツとですね^^

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なるほど・・・。勉強になります(笑)
スマイリーでした~。

mizu | URL | 2015-02-03 (Tue) 21:29 [編集 ]


 

トラックバック