山さんのおつかい暮らし 元アナウンサーでボディーワーカー山村美樹の徒然日記

サンタさんはいる。

クリスマスが終わり、新年を迎える準備に入りましたね。

一気に、忙しく、気ぜわしさを感じる、26日月曜日。

小学生の息子は、午前中、習い事教室でのイベント、そのまま、サッカー。

おにぎりを持たせたので、お昼はいらない。

2才児は年内最後の保育園に、風邪をひかず元気に登園。

だから私は午前中は仕事が出来た。

そして、仕事の後はランチしながら打ち合わせ。

保育園の迎えまで、一人で買い出し。

この「一人」というのがキーワード。

そして、只今、買い物を終えて帰宅。

保育園迎えまでの1時間半はまった~り自分時間。

箱で買ってきたピノを食べつつ、ブログを書きながらワイドショーを見ています(笑)

至福の時間~。

これはサンタからプレゼントだ!!

私は、毎年、サンタからのプレゼントに気づき、プレゼントを開けて喜ぶ子供をビデオに撮っています。

長男が1年生の時。4月に生まれた8ヶ月の弟へのプレゼントを真っ先にサンタにお願いした兄。

そのプレゼントが届いたのを、自分のプレゼントよりも喜んでいた。

2年生。ばあちゃんのうちでいとこと一緒に寝ていて、目を覚ましたら、自分の枕元にはプレゼントがあったけど、当時4年生だったいとこの枕元にはプレゼントがなかった。どうするかと様子をこっそり撮影していたら・・・

全くプレゼントには反応せず、起きて、今すぐにでもプレゼントを開けたいのを我慢して、いとこが起きるまで寝たふりをし、起きたいとこに、「サンタが、レゴはみんなで作って遊んで!だって」と。いとこの事を考えた発言をしたこと。

息子の優しい気持ちに、ぐっと来たな~。

そして、今年のクリスマス。

サンタがプレゼントを届けた、1時間後。夜中トイレに起きた彼。

プレゼントに気づくが、見なかったフリをした。その後寝たいけど、寝られない様子。

朝5時、くしゃみと鼻水で布団から出るも、開けるのを我慢していた。

なんで?って聞いたら「楽しみを朝までとっておきたかったから」だそう。

子どもたちに届くおもちゃは、買ってきたものではなく、サンタが作っている。

6月と12月21日頃に、サンタが一人でやってきて、子供の様子とほしいものをチェックしているのだそう。

いつもは、生意気な息子だけど、1年に1回、クリスマスだけはピュア男君だ。

大人の私にはサンタさんからプレゼントは届かないが、子供たちがピュアな心で喜んでくれる事、

それが何よりのプレゼント。

サンタさん、今年も、いいビデオ、コメントが撮れました。

ありがとう!!

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック